スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

神棚の祀り方

2014/11/29 14:56

こんにちは。

いよいよ年末になってきましたね。

今日は神棚の祀り方について説明致します。

伊勢神宮と神宮大麻

皇室の御祖神、国の総氏神様として、伊勢の地におまつりされている神宮は天照皇大御神様(あまてらすすめおおみかみ)をおまつりする皇大神宮《内宮》と豊受大御神様(とようけのおおみかみ)をお祀りする豊受大神宮《外宮》の両正宮を中心に、125のお社からなり、広く国民に親しまれています。
 皇大神宮は第11代垂仁天皇26年(西暦紀元前4年)に伊勢の五十鈴の川上に、また豊受大神宮は第21代雄略天皇22年(西暦478年)に度会の山田の地にお鎮まりになりました。
 神宮の祭祀の基本は天皇が御自らおまつりをされることにあります。神宮では日々皇室の平安と国家の繁栄、国民の幸福がお祈りされています。
 日本人の総氏神様として慕われている伊勢の神宮の神札は神宮大麻と呼ばれ、氏神様の神札とともに神棚におまつりいたします。
 天照皇大御神様の太陽の光のように暖かく、恵み多いその御神徳は、すべての人にふりそそがれ、災厄から守ってくださっています。
 ご家庭で神棚をおまつりし、家族そろって日々感謝の祈りを捧げましょう。敬虔な気持ちは心を豊かにすることでしょう。

家庭のまつり

日本人は太古より自然を神として崇拝してきました。山・川・海・森・石・人・動植物にいたるまで、天地人全ての物に神霊がやどり、その調和の中に平和な暮らしが存在すると信じてきたのです。それ故、家の中でも要所々々に、竈(かまど)には竈神(こうじん)《荒神》、井戸には井戸神、納戸(なんど)には納戸神、厠(かわや)《お手洗い》には厠神というように多様な神々をおまつりしてきました。更に家庭の中心として国の総氏神(そううじがみ)様の天照皇大御神様(あまてらすすめおおみかみ)・地域の守護神として氏神様を神棚におまつりし、国の繁栄や家の安全を祈ってきました。
 日本人の信仰の大本は、自然から生まれた神、神の御分霊(わけみたま)としての祖先、祖先から生まれた自分。自然→神→祖先→人と、自然と一体になった自然観であり、先祖と子孫をつなぐ自分、過去と未来をつなぐ現在を考える人間観・歴史観でもあります。
 
 家庭に神棚をおまつりするということには、大きく分けて三つの意味があると思います。

一、人間は自然の一部であることを自覚し、謙虚な精神を養う。
  
二、神様に守護され生かされていることを感じ、感謝の気持ちを忘れない。

三、祖先から受け継がれた愛情と教訓を忘れず、日々己を戒める。

 人は日々の生活に流され易いものです。神棚はそんな家庭の日常に、敬虔の空間を創ります。神棚に祈念することで、心穏やかな精神を見出し、家内安全・子孫繁栄等の御神徳に触れていただきたいと存じます。

御神札の納めかた

 神札は宮形によって納め方が違います。宮形が大きく扉が三つ以上の場合は、中央に伊勢神宮大麻【いせじんぐうたいま】(天照皇大神宮)、向かって右に氏神【うじかみ】(地域の神社)さま、左にその他の崇敬する神社の神札を納めます。扉が一つの場合一番手前に伊勢大麻(天照皇大神宮)、以下氏神(地域の神社)さま、その他の崇敬する神社の順に奥へ納めます。厄祓や初宮詣(初宮参り)などで、神社から特にいただいた御祈祷神札【ごきとうふだ】なども神棚におまつりします。また、伊勢大麻や氏神(地域の神社)さま、その他の崇敬する神社の他にもいろいろな神社の神札を併せておまつりしてもかまいません。
 初めて神棚をおまつりする場合は、氏神(地域の神社)さまの神社などに依頼して、神棚の清め祓いと、今後の末長いご加護を祈願するご祈祷をして戴きましよう。

(例)
神棚

毎日の参拝とお供え物


 神棚はその家や会社、工場などを護り下さる神札をおまつりしているのですから毎朝心をこめて、一日の平安をお祈り致しましよう。
 毎朝顔を洗い、□をすすいで身も心も清め、お供物(神饌【しんせん】)をあげて、おまいりします。特に、毎月一日・十五日や家族・会社の記念日、お正月などの節目には揃っておまいりするよう心掛けましよう。
 神棚には通常、お米(生のお米、洗米、ご飯)・塩・水の最少三品をお供えし、榊の水を新しくして、神燈【しんとう(ローソク・燈籠【とうろう】)】を点じます。一日、十五日などにはこの他に御神酒や野菜、果物などもお供えすると良いでしょう。また、季節の物や戴き物をした場合などにも、一度お供えしてからめしあがる習慣をつける事も大切です。
 お供物(神饌)は、三方や折敷にのせて供えるのが正式ですが、器(お皿など)に入れたまま直接お供えしてもかまいません。毎朝供えるお米は、後日ご飯の中に炊き込み、塩も捨てずに使うようにしましよう。

北海道神社庁HPより引用

以上神棚の祀り方の説明をさせていただきました。

神棚をお祀りすることを難しく考える必要はありません。

わからないことがあれば神社にお問い合わせ頂ければと思います。

みなさまもご自宅に神様をお祀りしてみませんか。

きっと心が静まり、生活に豊かな神様の御加護をいただけることでしょう。


権祢宜 I




スポンサーサイト

上川神社 にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

神前挙式式次第

2014/11/22 11:46

少し前に、神前挙式までの流れのご案内を
当ブログで紹介しましたが、
本日は挙式当日の流れをご紹介しようと思います。。。


当日は挙式時間30分前までには社務所にお越し頂きます。
新郎新婦、御親族様には控室で式までお待ち頂きます。
(当社で着付けされる場合、新郎新婦様は2時間前にお入り頂いております)

●式次第●

参進 -さんしん- 巫女が先導して拝殿(挙式場)まで御案内いたします。

号鼓 -ごうこ- 祭儀開始に当たり、祭員が太鼓を打ち鳴らします。

修祓 -しゅばつ- お清めのお祓いの儀。ご起立の上頭を下げてお受けいただきます。

祝詞 -のりと- 斎主が大神様にお二人の新しい門出を報告し、ご両家の家内安全、益々のご発展をお祈り申し上げます。

神楽舞 -かぐらまい- 巫女によるお神楽『豊栄舞』を奉納致します。

誓杯(せいはい) 三献の儀(三三九度)夫婦契りの杯です。

H26.三三九度

指輪交換 -ゆびわこうかん- 希望される方は、この場で指輪の交換を致します。

誓詞 -せいし- 神前で大神様に、夫婦お二人が力を合わせ家族を築く誓いの言葉を奉読して頂きます。

玉串奉奠 -たまぐしほうてん- 神前に進み、玉串を奉り二礼二拍手一礼の作法で拝礼致します。

H26.挙式玉串

親族杯 -しんぞくはい- 親族かための杯。両家の親族一同でお神酒を頂きます。

号鼓 -ごうこ- 祭儀終了に当たり、祭員が太鼓を打ち鳴らします。

。。。。。。。。。。。。。


祭儀終了後、親族紹介があれば、その場で両家の代表からご紹介していただいてます。
両家集合写真を撮られる方は、この後に境内などで撮影される方が多いです。

式では神職2名巫女1名でご奉仕しております。
式自体は約40分ほどになります。

式次第などは神職、巫女が介添え致しますので心配の必要はありませんが、
神社での挙式を考えている方など、どうぞご参考になさって下さい。


一度きりの結婚式を、日本の神様にお見守りいただきながら行ってはいかがでしょうか。

H26.挙式拝殿


神前挙式 にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

最近

2014/11/18 15:42

こんにちわ、またまたお久しぶりです

初雪が降ってから少し経ちましたが、
今の旭川はまだ本格的には積もらず、少し屋根に雪が被っている感じです(^_^)

さてさて、
11月15日が過ぎ、七五三のお参りも期間終了となりました。

これからは職員一同、お正月に向けての準備に
本格的に勤しみます!

私たち巫女は、内職作業中。。。
新しいお守りをまとめたり、
祈祷を受けた方にお渡しする授与品の用意をしたり

この作業もラストスパートに入ります!(>_<)


最近は当ブログの更新が滞っておりますが、
できるだけこれからも更新していきますのでよろしくお願いいたします。


季節は過ぎましたが、紅葉の写真を載せておきます<(_ _)>
風邪など引かれないようお過ごし下さい

織 巫女

H26.10 灯籠と紅葉

巫女たより にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

神札頒布祭と初雪

2014/11/05 14:29

こんにちは。

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

やっと更新しました。お久しぶりです。

上川神社ではいよいよ、年末年始の準備がはじまりました。

11月1日にご本殿にて新年の神札(おふだ)を町中の家々に授与致しますと神様に御奉告する

神札頒布祭を御奉仕致しました。

今月から新しい伊勢神宮と上川神社のお札を社務所にて朝7時から4時30分まで授与しております。


神宮大麻と御神札

神棚のご神札は1年ごとに新しくお取り替えしなければなりません。

新しい神札をお祀りして、清々しい新年をお迎え頂ければなと思います。

みなさまも忘れずに神棚の伊勢神宮の大麻と上川神社の神札をお取り替えしましょう。


話はがらっと変わりますが、もう冬ですね。
旭川も日に日に寒くなっていきます。

先日境内に初雪が降りました。

初雪2

初雪3


初雪

雪はもう溶けておりますが、今年は少し初雪が早いなと感じております。

これからますます寒くなりますね。

私はすこし風邪気味で、くしゃみをしながら記事を書いてます。

みなさまも風邪などひかぬようお気を付け下さい。

今日もみなさまにとっていい一日でありますように。


権祢宜 I






上川神社 にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。