FC2ブログ
 2015年05月の記事一覧 

 さくら情報 

みなさまこんにちわ(*^v^*)

先日、境内の桜が満開になったと記事を書きましたが
北海道の桜が咲き誇る時間は短く、すでに見頃を終えてしまいました(T_T)

ですがまだまだ春爛漫です!!

境内の一部の桜が遅れて満開を迎えました!!



H27.5.11 八重桜


こちらは国旗掲揚台近くの八重桜です。
花がかわいらしく、とてもきれいですね(●^▽^●)


もうすぐ春の大祭が行われます。
お祭りに向けて舞のおけいこも大詰めを迎えております!

天気に恵まれ、たくさんの方にご参拝を頂ければと願っております。

織 巫女


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

 月次祈願講社 春の大祭のご案内 

月次祈願講社 春の大祭ご案内



5月15日午前10時より上川神社本宮にて春の大祭を行います。

このお祭では、氏子の方々やご参列頂いた皆様の家内安全をご祈願致しております。

当日は拝殿にて生け花を展示しております。

また神楽舞や獅子舞の奉納、お茶席もございますので、お気軽にご参拝下さい。

そして今年は六年ぶり沖縄舞踊の奉納もございます。
北海道ではなかなか見ることのできないものです。
ぜひご覧ください!

講社春


すべて無料でご参加いただけます。

普段なかなか経験できないお茶席では先生方が教えてくれながら体験できます。

新緑の杜の清々しい雰囲気のなかで、おいしいお茶と厳粛な神楽舞、勇壮な獅子舞や

琉球の伝統文化がつまった沖縄舞踊、是非とも多くの方に体験いただければ幸いです。

どうぞお気軽に御参拝くださいますようご案内申し上げます。


権禰宜 I







にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

 五月五日は子供の日 

こんにちは

ゴールデンウィークもあと二日ですね。


今日はこどもの日ですね。

こどもの日は端午の節句ともいわれ、平安時代ころから民間に広がってゆきました。


端午の節句には菖蒲やヨモギを軒に吊るしたり、柏餅やちまきを食べたりしましたが、武家社会では、菖蒲(しょうぶ)が尚武(武士道を重んじること)と同音なので、雛祭りに対比して男の子の祭りと考えられるようになり、江戸時代以降男子のいる家庭では、鯉のぼりをたて、甲冑、刀、武者人形を飾って、子供の成長を祝う行事となっていきました。かぶと


明治時代になると一般の家庭でも武家と同じようにお祝いされるようになりました。
また、この日に菖蒲湯に入るのは、菖蒲が昔から薬草であり、邪気を祓い火災を除く力があると信じられていたことによります。

こいのぼり


最近鯉のぼりをたてる家が少なくなってきているようです。
たてる場所がなかったり等色々な問題があります。

しかしこれも一つの伝統文化でございます。

鯉のぼりがたてれなくても、五月人形や菖蒲湯などできる範囲でお祝いをしていただければなと思います。

少しずつ薄れていく日本の伝統行事や文化。

忘れずに継承していかなければなりません。

そのため今日はこどもの日の説明を掲載させていただきました。


最後までご覧いただきありがとうございます。

みなさまにとって素晴らしい日となりますように。


権禰宜 I


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

 ✿春爛漫✿ 

こんにちは。

桜の季節ですね!

境内も今が見頃!!満開でございます!

また北海道ならではの梅と桜が同時に咲いております。

ume.jpg

境内の旭川天満宮前の梅の木の写真でございます。

sakura3

参道の桜もきれいに咲いており、周りには多くの野鳥やエゾリスが遊び回っています。

mankai.jpg

sakura2

当神社は山桜花を社紋にしております。

この時期は桜に囲まれて本当に綺麗です。

また足下をみても小さな花々が咲いており、まさに春爛漫と言った時期です。

sakura

旭川で桜を見るなら是非上川神社へお越しください。

✿桜や梅、いろんな花々と小さな動物たちが気持ちよくお出迎えしてくれることでしょう✿


皆様にとって素晴らしいゴールデンウィークになりますように(*^_^*)


梅 巫女




にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

kimamanisakuratayori

Author:kimamanisakuratayori
上川神社の気ままに桜たよりへようこそ!
このブログは上川神社の公式ブログです。上川神社は、北海道旭川市に鎮座致します。上川神社の神職や巫女が気ままにお祭りの案内や境内の様子などを載せていきます。

質問等は下記電話番号にお問い合わせ下さい。

電話 0166-65-3151
FAX 0166-65-3152

授与品等の郵送は行っておりません。

QR