スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

上川神社がTV東京の番組で紹介されます。

2015/12/17 12:45

こんにちは。

当神社がTV東京の番組で紹介されます。

12月21日 月曜日 午後6時57分放送

『YOUは何しに日本へ?』という番組です。

是非ご覧下さい。

スポンサーサイト

上川神社 にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

新嘗祭齋行致しました。

2015/12/10 12:08

こんにちは

久々の更新となってしまいました。


先月新嘗祭齋行致しました。
新嘗祭はその年の五穀豊穣や商売繁盛を感謝するお祭りです。

春の祈年祭、夏の例大祭、秋の新嘗祭と最も大切なお祭となっております。

もちろん大切では無いお祭などありませんが、この3つのお祭りはどの神社でも
欠かさず行わなければならないというほど重要なお祭りです。

新嘗祭は新穀を神様にお供えし、実り多き1年の感謝をします。
神様に感謝をしながら、これからの更なるお恵みを祈願致します。

感謝することは何よりも重要です。

皆様も人に感謝されれば嬉しい気持ちになり、また何かしてあげたいという気持ちになるはずです。

逆に何かしてあげたのに、感謝されず無視されるような事があった時は悲しい気持ちや虚しい気持ちになりませんか。


私たち日本人は古くより神様に感謝と祈りを捧げてきました。

大自然に神様が居て、神様の恵みによって人々は生活できるという教えを守ってきました。

普段何気ないことも当たり前ではありません。すべて誰かの支えがあって生きているはずです。

だからこそ神さまに感謝し、多くの人々に感謝する日が新嘗祭の日であり、勤労感謝の日なのです。

日本人は古くから『お陰様』という言葉をつかっております。
これは陰になった部分。目に見えてない方々の行いによってという意味があります。

お陰様。多くの人々に支えられて物事が成就しているという感謝の言葉です。

こんな言葉はなかなかありません。

これからも『お陰様で』という感謝の気持ちを持ち続けて生活していきましょう。

今現在私たちが生活できていることがとても有り難いことと感じ、充実した日々を過ごせることと思います。



話は変わりますが、新嘗祭では巫女により『悠久の舞』を奉納致しました。

この舞は、紀元2600年奉祝の時に、時の楽長多忠朝氏によって作曲作舞された舞楽で、当時宮城広場においての奉祝祭典の時に舞われた奉祝舞楽では、男子4人によって舞われました。
その後この曲はほとんど奏されることはありませんでしたが、東京オリンピック開催(昭和39年)を奉祝して、多静子氏が女舞を振り付け、新しい形式の神楽舞として原曲を其のまま使用して改作されました。

すえの世のすえの末まで我が国は

よろずの国にすぐれたる国

を歌詞としています。
この歌詞は愛国百人一首の37番にも選ばれています。

悠久

写真に掲載している舞姫は当社の巫女が1名と旭川明成高校の舞姫同好会に所属している高校生1名とでご奉仕しました。

明成高校舞姫同好会の部員の方々はいつも大きいお祭りになると、舞を修練しご奉仕頂きます。

また、当社巫女の多くもこの明成高校舞姫同好会卒業生です。

部活としてお神楽を練習し、ご奉仕頂いてます。

全国的にみてもこのような、部活があるのは数少ないでしょう。

いつも一生懸命練習して、神さまにお神楽を奉納する姿に神職一同感心し、感謝しているところでございます。

この学生は3年間、舞姫同好会に所属してお神楽の練習をしてきました。
そして大きなお祭りでは堂々と神楽を奉納しておりました。

本当に有り難いことでございます。

その3年間の努力は素晴らしいものと思い、皆様にご紹介させていただきます。


長文になりましたが、最後までご覧頂きありがとうございました。


権禰宜 I



上川神社 にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。