FC2ブログ

 神棚の祀り方 

こんにちは。

いよいよ年末になってきましたね。

今日は神棚の祀り方について説明致します。

伊勢神宮と神宮大麻

皇室の御祖神、国の総氏神様として、伊勢の地におまつりされている神宮は天照皇大御神様(あまてらすすめおおみかみ)をおまつりする皇大神宮《内宮》と豊受大御神様(とようけのおおみかみ)をお祀りする豊受大神宮《外宮》の両正宮を中心に、125のお社からなり、広く国民に親しまれています。
 皇大神宮は第11代垂仁天皇26年(西暦紀元前4年)に伊勢の五十鈴の川上に、また豊受大神宮は第21代雄略天皇22年(西暦478年)に度会の山田の地にお鎮まりになりました。
 神宮の祭祀の基本は天皇が御自らおまつりをされることにあります。神宮では日々皇室の平安と国家の繁栄、国民の幸福がお祈りされています。
 日本人の総氏神様として慕われている伊勢の神宮の神札は神宮大麻と呼ばれ、氏神様の神札とともに神棚におまつりいたします。
 天照皇大御神様の太陽の光のように暖かく、恵み多いその御神徳は、すべての人にふりそそがれ、災厄から守ってくださっています。
 ご家庭で神棚をおまつりし、家族そろって日々感謝の祈りを捧げましょう。敬虔な気持ちは心を豊かにすることでしょう。

家庭のまつり

日本人は太古より自然を神として崇拝してきました。山・川・海・森・石・人・動植物にいたるまで、天地人全ての物に神霊がやどり、その調和の中に平和な暮らしが存在すると信じてきたのです。それ故、家の中でも要所々々に、竈(かまど)には竈神(こうじん)《荒神》、井戸には井戸神、納戸(なんど)には納戸神、厠(かわや)《お手洗い》には厠神というように多様な神々をおまつりしてきました。更に家庭の中心として国の総氏神(そううじがみ)様の天照皇大御神様(あまてらすすめおおみかみ)・地域の守護神として氏神様を神棚におまつりし、国の繁栄や家の安全を祈ってきました。
 日本人の信仰の大本は、自然から生まれた神、神の御分霊(わけみたま)としての祖先、祖先から生まれた自分。自然→神→祖先→人と、自然と一体になった自然観であり、先祖と子孫をつなぐ自分、過去と未来をつなぐ現在を考える人間観・歴史観でもあります。
 
 家庭に神棚をおまつりするということには、大きく分けて三つの意味があると思います。

一、人間は自然の一部であることを自覚し、謙虚な精神を養う。
  
二、神様に守護され生かされていることを感じ、感謝の気持ちを忘れない。

三、祖先から受け継がれた愛情と教訓を忘れず、日々己を戒める。

 人は日々の生活に流され易いものです。神棚はそんな家庭の日常に、敬虔の空間を創ります。神棚に祈念することで、心穏やかな精神を見出し、家内安全・子孫繁栄等の御神徳に触れていただきたいと存じます。

御神札の納めかた

 神札は宮形によって納め方が違います。宮形が大きく扉が三つ以上の場合は、中央に伊勢神宮大麻【いせじんぐうたいま】(天照皇大神宮)、向かって右に氏神【うじかみ】(地域の神社)さま、左にその他の崇敬する神社の神札を納めます。扉が一つの場合一番手前に伊勢大麻(天照皇大神宮)、以下氏神(地域の神社)さま、その他の崇敬する神社の順に奥へ納めます。厄祓や初宮詣(初宮参り)などで、神社から特にいただいた御祈祷神札【ごきとうふだ】なども神棚におまつりします。また、伊勢大麻や氏神(地域の神社)さま、その他の崇敬する神社の他にもいろいろな神社の神札を併せておまつりしてもかまいません。
 初めて神棚をおまつりする場合は、氏神(地域の神社)さまの神社などに依頼して、神棚の清め祓いと、今後の末長いご加護を祈願するご祈祷をして戴きましよう。

(例)
神棚

毎日の参拝とお供え物


 神棚はその家や会社、工場などを護り下さる神札をおまつりしているのですから毎朝心をこめて、一日の平安をお祈り致しましよう。
 毎朝顔を洗い、□をすすいで身も心も清め、お供物(神饌【しんせん】)をあげて、おまいりします。特に、毎月一日・十五日や家族・会社の記念日、お正月などの節目には揃っておまいりするよう心掛けましよう。
 神棚には通常、お米(生のお米、洗米、ご飯)・塩・水の最少三品をお供えし、榊の水を新しくして、神燈【しんとう(ローソク・燈籠【とうろう】)】を点じます。一日、十五日などにはこの他に御神酒や野菜、果物などもお供えすると良いでしょう。また、季節の物や戴き物をした場合などにも、一度お供えしてからめしあがる習慣をつける事も大切です。
 お供物(神饌)は、三方や折敷にのせて供えるのが正式ですが、器(お皿など)に入れたまま直接お供えしてもかまいません。毎朝供えるお米は、後日ご飯の中に炊き込み、塩も捨てずに使うようにしましよう。

北海道神社庁HPより引用

以上神棚の祀り方の説明をさせていただきました。

神棚をお祀りすることを難しく考える必要はありません。

わからないことがあれば神社にお問い合わせ頂ければと思います。

みなさまもご自宅に神様をお祀りしてみませんか。

きっと心が静まり、生活に豊かな神様の御加護をいただけることでしょう。


権祢宜 I






にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

kimamanisakuratayori

Author:kimamanisakuratayori
上川神社の気ままに桜たよりへようこそ!
このブログは上川神社の公式ブログです。上川神社は、北海道旭川市に鎮座致します。上川神社の神職や巫女が気ままにお祭りの案内や境内の様子などを載せていきます。

質問等は下記電話番号にお問い合わせ下さい。

電話 0166-65-3151
FAX 0166-65-3152

授与品等の郵送は行っておりません。

QR